Biography

ブロークン・アシェズは1999に結成された日本人離れした
キャラクターを持つ二人のシンガー,SHIMEとKEIKO WALKERのデュオによる
アコースティック・ミュージック・プロジェクト。

二人の出会いは1983年。
活動の場所に共通のライヴ・ハウスがあったこと、
共通のフェィヴァレット・ミュージシャンがいること
そして何よりもお互いに尊敬しあっていたことで、
彼らの音楽的な接近は十数年以上前から始まっていた。
しかし当時はそれぞれがソロ・アーテイストとしての成功を目指していたこともあってか、
正式にデュオとして活動するチャンスはなかった。
1999年アルバム”BROKEN ASHES”のリリースをきっかけに
定期的に二人でライヴ活動をはじめる。


SHIME

BIRTHDAY/8月21日 獅子座のB型 熊本県出身。趣味は絵を描くこと。
5年生の時に姉が買ってきたビートルズのレコードを聴いて音楽に目覚める。中学1年生で初めてギターを手にし、弾き始め、その頃からロック全般を聴くようになる。高校を卒業し、早稲田大学に入学後同大学の音楽サークル「AMERICAN MUSIC SOCIETY」に参加しAMERICAN ROOTS MUSICに傾倒。大学2年生でBLUEGRASS BAND 「INDIAN DEATHLOCK」を結成し、都内ライヴハウスで活動を始める。大学を卒業後1985に渡米。サンフランシスコへ。地元ミュージシャンのステージに刺激を受け、自らも昼はストリート、夜はバーで唄いながら自分の音楽を確立していく。1986年帰国後 「UNBELIEVABLE WORLD」、「HEADS」等のバンド活動。

1993年BMGビクターと契約。シングル「がんばれよ」アルバム「SHIME」でデビュー。
1994年2ndアルバム「LOVE DREAM」発売。B.V.D.のCM曲として「LOVE DREAM」、「元気者」がON AIR。
1995年BMGビクターとの契約終了後、1997フジパシフイック音楽出版にて制作の新曲「10万カラットの夢」が全国モーターボート競走会運合会のCM曲となりON AIR。
1998年十数年来、Vo.Ag.として参加しているアコースティックユニット「TEQUILA CIRCUIT」として
1stアルバム「TEQUILA CIRCUIT」発売。同じ年12月にソロニューアルバムキャッシーズ・ソングより「YEARS & YEARS」発売。
1999年にKEIKO WALKERとのツインボーカルアコースティックユニット「BROKEN ASHES」を結成。
12月に1stアルバム「BROKEN ASHES」をリリース。
2000年春に公開の「TOY STORY 2(日本語吹替版)」サウンドトラックに参加。
7月に2枚組みライヴアルバム「TEQUILA CIRCUIT LIVE」を発売。
秋に元男闘呼組の前田耕陽、元スケバン刑事・中村由真と「GODDESS」結成。1stミニアルバム「GODDESS」発売。2007年には日本を代表するアコースティックギタープレイヤー吉川忠英のアルバムにボーカリストとして参加している。
またソングライターとして男闘呼組、太田裕美、他に楽曲を提供する傍ら年間200本を越えるライブ活動を全国で展開している。
2022年3月15日午永眠。

SHIME Official Blog はこちら


KEIKO WALKER

BIRTHDAY/2/17 みずがめ座のA型 横浜市出身。 趣味は本を読むこと。
KEIKO WALKERは日本とイギリスの血を受け、横浜に生まれる。カントリー・ミュージック・シーンで十代から歌い始めていたが、85年にKeiko Walker & The Hot Street Bandを結成し本格的な活動を開始している。その当初、ボーカル・スタイルや選曲から和製エミルー・ハリスの誉れが高く、若手が不毛だった当時の日本のカントリー界において、はつらつとしたカントリー・ロック・スタイルの歌と演奏でたちまち人気者となった。レイ・プライス、チャーリー・マッコイ、ジェームズ・バートンなど本場アメリカのミュージシャンとの共演も果たす。
1993年アルバム「RED IS THE ROSE」でレコードデビュー。現在はKEIKO WALKER BANDを率いてのバンド演奏、もしくは少人数編成でのアコースティックな演奏の二刀流で自身のライブを展開している。そんな彼女のライブにおいて、ここ数年イギリス、アイルランド、スコットランドのトラディショナル・ソングを多く取り上げたり、また従来からのレパートリーにもアレンジ面でそういった音楽のテイストを加えたりするなど、音楽性の変化が感じられていた。

KEIKO WALKERは日本とイギリスの血を受け横浜に生まれる。祖父、伯父は日本の映画俳優。
1983年にCountry歌手としてデビュー。

1993年 にアルバム「Red Is The Rose」をリリース。和製エミルーハリスの誉れが高く、Charlie McCoy、James Burtonなどアメリカのミュージシャンとの共演を果たす。

1999年SHIMEと共にユニットBROKEN ASHESを結成、アルバムBroken Ashesをリリース。

2004年にはブリティッシュ・フォーク・ロックなソロ・アルバム「Both Sides Now」をリリース。

2009年に難病を患い約3年間活動を休止する。

2012年にCountry Album「These Boots Are Made For Walking」をリリース。

2013年、ロックバンドTENSAWのメンバー、michiaki (Bass)、富岡”GRICO”義広(Drums)との出会いを切っ掛けに正式にライヴ活動を復帰をする。

現在はカントリーミュージシャン、ロックミュージシャンと共に本格的なCOUNTRY-ROCKスタイルの音楽を繰り広げている。


マルチーズを飼う愛犬家としても知られている。

KEIKO WALKER Official Websiteはこちら